読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒に参加しよう!ニコニコBREAKフェスタ!!(ポケカのイベント)

どうも、ずらっぷです。今回はポケカをやってない方々や、興味がある方が参加できる楽しそうなイベントを紹介させていただいきます!当然、ポケカに既に魅了された方々も参加できますし、私も参加します!

そのイベントはコチラ!

ニコニコBREAKフェスタ

ch.nicovideo.jp

イベント内容はURLに詳しく書かれているので、この記事では触れませんが私から、このイベントから感じる魅力を語らせていただきます!

 各段階に合わせたイベントが1度に行えるイベントでは公式のイベントでも中々ありません。ポケカをやってない方から、腕を競いあいたい方々が集合することによってポケカをやってない方々や興味がある人たちに刺激を与えることができそうな予感・・・!?

まず、ポケカをやってない、持ってないけど興味ある方は、イベントスタッフさんがポケカを「いろは」を教えてくれますし、デッキの貸出もあるのかな?詳しくはURLに書いてありますので、そちらをご覧下さい!

また、ポケカを始めて間もない人でジムバトルは敷居が高いなぁ~と思われてる方はこのイベントフリー対戦に参加してみるのはどうでしょう?対人経験も積めますし、お住まいの地域によっては一緒にジムバトルに参加できる人がいるかも知れません。

そして、バリバリのポケカプレイヤーさんは大会がありますよ!しかも、かなり緊張感がありそうな内容です。上記URLに書いてある通りならば、128人のスイスドロー4回戦からの決勝3回戦の場合、予選を抜けられるのは全勝の上位8人のみ!!なんと、「事故れません!!」これだけに熱い試合になると思われます

最後に、ゲストの豪華さ(笑)これは、自分で確認してください!ニコニコ動画や生放送を観てる人なら、聞いたことある人いるはずです。

その他の魅力は、自分自身でニコニコBREAKフェスタの記事を読んで感じてみてください!最初にも書かせていただきましたが、私もフリー対戦ルームの一般参加で当日は参加させていただく予定です。

こんなイベント中々開催されることはありませんので、是非参加してみてはどうでしょうか?ということで、今回はニコニコBREAKフェスタというイベントについて書かせていただきました!次回の記事もお楽しみに~

P.S.ポケカを始めてない方はここから始めてみませんか?1から、いいえ0から!!

*イベント主催の方の許可は取ってます。

どこでどうやって対戦しているのか問題

どうもずらっぷです。最近、ポケカのこと更新できてなくて申し訳ないです。近況特に変化がないです。というより、少しリアルの方が忙しくて自宅にいる時間が少なかったというのもあります。

今回の記事は、最近私のポケカ関係の放送やブログを通して、ポケカを始めてくれる方や興味を持ってくれた方が増えてきたのを実感します。素直に嬉しいです!

そんな方々が口にすることがあるのですが・・・

「やってみたいけど相手がいない」、「買ってみたけど相手がいない」

この言葉は本当によく耳にするようになりました。

そこで、今回は対戦相手の見つけ方というか、どこで対戦してるのかを書こうと思います。そして、結論なんですが大きく分けて2つだと考えます。

ポケモンカードゲーム公認の店舗によるジムバトル

・・・リアル対戦で相手がいないと嘆いている方は、ジムバトルに参加するのが色んな意味で一番です!色んな方との対戦を経て、ポケカの技術や知識の向上はもちろんのこと、そこからの友好関係なんかもあるかもしれません。そうした中でジムバトルとは別にプライベートでの交流で対戦なんてこともあるかもしれませんね!

その一方で、(始めたばっかの人が行っていいものか・・・)とう疑問や不安を持っている方がいることも事実です。確かに最初は緊張しますが、それはポケカに限ったことではないと思います。入学式みたいなもんですよ!行ってみたら楽しい世界が待ってますし、皆さんも思い出してみてください!!小学校1年生のときに6年生がクラスに来て、学校に馴染めるように面倒みてくれたりしたと思います。ポケカもそんな感じで初めて来た方との対戦や、初心者の方を歓迎し色々教えてくれたりしますので、勇気を出して行ってみてほしいです!

そして、そんなジムバトルはポケモンカードゲームの公式HPで検索できますので、是非ポケモンカードと検索をしてみてください。エリアで検索もできますので自分の住んでる近くにあったりすると思います。また、ジムバトルを実施してるお店も増えて来ていますので、場合によっては複数店舗に通ってみるのも良いことだと思います!

skypeを利用した対戦

・・・①を経験したいけど、住んでる地域によっては近くにジムバトル実施店舗がなかったり、都合の関係であまり行けない人もいます。交通費がかかる人もいますので仕方のないことです。そんな方々に、別の手段でも対戦ができるよ!と参考にして欲しいのが「skypeを利用した対戦」です。

skype対戦のメリットは遠方の方とも対戦できるので、Twitterなんかで知り合った方とも環境があれば対戦ができます。また、自宅で対戦できるので交通費がかからないという点もあると思います。

対してデメリットは、環境のを整える費用があるということ。カメラ、マイクを購入しなければならないです。ものすごく高いわけではないですが、一度の負担が大きいです。あと、回線等に影響されてスムーズに対戦ができない場合もあるという2点ですかね。

ただし、店舗より密な関係は築きやすく、ポケカのデッキなどの相談はしやすいと思います。地域予選でかぶることがない遠方の方との対戦経験は実際に役立つことが多いと思います。

この2つが「対戦相手がいない」と現状嘆いている方に対しての解答です。

最後に少し話はずれますが、最近は私より知識や経験が豊富な方が環境考察や色んなデッキレシピの記事をありがたいことに書いてくれてます。が、それを自身で体験できるための基本的なことを私は今後も書いていき、今後も、ポケカの入口の一つをこのブログでこじ開けて行きたい所存でございます!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回の記事でお会いしましょう!

P.S.ジムバッジはカツラがダントツで欲しいです。エリカじゃないカツラだ!

20thAnniversaryパック開封結果

どうも、ずらっぷです。9/16(金)に発売された20thAnniversaryパック(CP6)を買いましたので、そちらの開封結果をさっと書きます。

今回は、3箱とMヤドランとなみのりピカチュウの20thAnniversaryスペシャルパックを2個購入し、ついてきた3パック×2の合計51パックの開封結果です。

噂では、SR2枚箱というものがあるとかないとか・・・果たしてゲットできたのか!?

1箱目

SR・・・カイリューEX、リザードンEX

RR・・・MリザードンEX、スターミーBREAK

まさかのいきなり来てしまいましたね。しかも、今回はカイリューEXが注目されてるみたいですね。ピジョットラインが欲しいので反応薄めでした(笑)

2箱目

SR・・・なし

RR・・・MピジョットEX、カイリキーBREAK、リザードンEX、カイリューEX

SRなしでした。MピジョットEXかっこいいですよね!!ゲームでも使うくらいなんで割と好きです。

3箱目

SR・・・なし

RR・・・キュウコンBREAK、MカメックスEX、ピジョットEX、カメックスEX

またSRなしでした。渋いとか言う人多そうですね(笑)パック買いは、ギャンブルです。ギャンブルをすることが楽しいのと一緒なんであくまで結果はおまけなんで問題なし!それよりもピジョットEXもかっこいい!!

スペシャルパック2個分

SR・・・MピジョットEX、フシギバナEX

RR・・・なし

まさかの、こちらでSR2枚ゲット!しかも、念願のMピジョットEXのSRですよ!!これを出したときは気持ち悪いくらいの喜びをしましたね(放送で・・・)

ということで、今回の開封結果はこうなりました。1パック300円で箱で買うと4800円ちょいするので、財布に優しくはないですが、昔懐かしのデザインのカードが沢山見れて開封としてはものすごく楽しいものでした!

ピジョットデッキを組むので頑張って揃えます!

では、このへんで失礼します。

*写真は、すぐに用意し貼ります。

ORAS最終シーズン使用PT

どうもずらっぷです。ORAS最後のレートシーズンだったため、結果どうこうよりも軌跡として残したいと思い記事にします。強者の記事ではないため、あまり参考にしないでください(笑)

f:id:zurappu:20160911183126j:plainPGLもこの数字です。

最終は1877でした。

<使用したポケモン

f:id:zurappu:20160910113033g:plain f:id:zurappu:20160910113323g:plain f:id:zurappu:20160910113427g:plain f:id:zurappu:20160910113511g:plain f:id:zurappu:20160910113604g:plain f:id:zurappu:20160724183736g:plain

<型紹介>

f:id:zurappu:20160910113924p:plainヘラクロスヘラクロスナイト 陽気 (NN:ヌマ)

A252 D6 S252

地震/ミサイルばり/ロックブラスト/身代わり

メガ進化前の特性:自信過剰を利用する型です。陽気最速の場合、火力が少し足りないです。インファイト地震との選択です。地震採用をすることで、ギルガルドクチートに役割を持たせることが可能になります。種マシンガンは受けの水ポケモン達を1回ではもっていけないため、等倍ミサイルばりと対して変わりません。しかし、命中100%の種ガンの方が安心できるのも事実です・・・ 

f:id:zurappu:20160910114337p:plainエルフーン@気合のタスキ 臆病 (NN:キャトラ)

C252 D6 S252

ムーンフォース/がむしゃら/アンコール/しびれ粉

しびれ粉は命中不安のため、追い風を入れたいと思うかも知れませんが、持続ターンが有限のためしびれ粉を推奨します。奇襲という意味合いでもしびれ粉が上です。

f:id:zurappu:20160910114701p:plainウォッシュロトムゴツゴツメット 図太い (NN:サンドバック)

H252 B252 C6

ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/電磁波

もとは鬼火と電磁波の両採用型だったんですが、耐久メガボーマンダに身代わりされると何もできないため、めざめるパワー氷を採用しました。電磁波を入れることが本当の仕事のためこの技構成は使いやすかったです。オボンの実ではないため、グロパン秘密の力を耐えられません。

f:id:zurappu:20160910115826p:plainポリゴン2@進化のきせき 生意気 (NN:プニちゃん)

H244 A4 B12 C4 D236

恩返し/れいとうビーム/電磁波/自己再生

特殊受けです。特殊フェアリーや特殊炎、ゲッコウガ等が主に役割対象になります。そのため恩返しを採用した両刀型にしました。エルフーンの存在で相手の舞技使用度を下げれるため、後出しからでも問題は少なかったです。

f:id:zurappu:20160910121205p:plainドンファン@ラムの実(イバンの実) 意地っ張り (NN:ブリヂストン)

A252 B6 S252

地震/がむしゃら/ストーンエッジ/こおりのつぶて

技構成に関してはこれが一番安定しました。持ち物が選択になると思います。鬼火を打ってくるポケモンメガゲンガーファイアローを倒せる場面があるのでラムの実の方が使いやすかったです。イバンの実は優先度が実質+0.5という点で今回は採用しませんでした。

f:id:zurappu:20160910122026p:plainマニューラ@いのちのたま 陽気 (NN:ピアス)

A252 D6 S252

つららおとし/叩き落す/けたぐり/ねこだまし

レートでよく見るポケモンたちに刺さってると思い採用。このPTに初手ファイアローが少なかったので、先発で出し有利対面を取った際には、強気に叩き落すから入ることが多かったです。ただ、剣の舞が欲しいと思うことが多かったです。

<立ち回り>

f:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910115826p:plainで起点作り(麻痺撒いて削る)→f:id:zurappu:20160910113910p:plainでメガせず身代わり→痺れた際に相手を倒して自信過剰発動→メガ進化f:id:zurappu:20160910113924p:plainして全抜きが理想の流れ

また、基本的にヘラクロス以外のポケモンの火力がちょっと乏しいため、ヘラを活かすことを最優先で考えます。そのため、早いポケモンには麻痺を入れるように頑張ります。

<選出に関して>

まず最初に申し上げますと、

f:id:zurappu:20160910113924p:plainf:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910114701p:plainの選出が基本です。相手によって、残りの3匹がたまに出てきます。

f:id:zurappu:20160910124353p:plainf:id:zurappu:20160910124359p:plainf:id:zurappu:20160910124405p:plainA(f:id:zurappu:20160910124419p:plainf:id:zurappu:20160910124432p:plainf:id:zurappu:20160910124633p:plainf:id:zurappu:20160910124651p:plain)orB(f:id:zurappu:20160910124623p:plainf:id:zurappu:20160910124610p:plainf:id:zurappu:20160910124523p:plain)のようなPTには、

(f:id:zurappu:20160910122026p:plainorf:id:zurappu:20160910114337p:plain)+f:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910113924p:plain

A()→マニューラ、B()のポケモンが何かしらいる→エルフーン

A群の際、初手がメガシンカしてくるポケモンになることが多かったため、マニューラで牽制。引くことが多発するので、ねこだましから入るのではなく叩き落すから入る。

B群の際、ガッサを除いたバシャやガモスが初手にくることが多いためエルフーンから入る。その際、相手は守るや蝶の舞はアンコールが怖く突っ張ってくるため、しびれ粉を選択。ラムの場合→続くてしびれ粉。麻痺になった際→がむしゃらorムーンフォースでお茶濁してヘラクロスにつなぐ。

A<Bが優先される

このようなPTには正直、戦略的強気なプレイングが求められるため、思い切りが重要でした。また、ガルーラという物理AT化物が多く、更にゲンガーに対してポリ2が有効打を持ってないためウルガモスがいてもポリ2の選出は避けてました。また、ボルトロスに関してはあまり選出されることが少なかったので、この選出が多かったです。

f:id:zurappu:20160910124651p:plainf:id:zurappu:20160910125944p:plainf:id:zurappu:20160910130000p:plain+f:id:zurappu:20160910130018p:plainのようなPTには、

f:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910113924p:plain

初手にカバルドンというよりは、他のポケモンを先発に出してくることが多かったためエルフーンで積極的にしびれ粉です!当てれば大抵の試合勝てます。

f:id:zurappu:20160910130240p:plainf:id:zurappu:20160910130247p:plainf:id:zurappu:20160910130254p:plainf:id:zurappu:20160910130259p:plainf:id:zurappu:20160910130303p:plainf:id:zurappu:20160910130310p:plainの受けループには

f:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910113924p:plain+f:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910122026p:plain

正直申し上げますと、ほぼ勝てません。グライオンの毒々をいかに打てせないかのプレイングになります。ただ、相手の選出が十中八九f:id:zurappu:20160910130259p:plainf:id:zurappu:20160910130254p:plainf:id:zurappu:20160910130303p:plainですので、選出が見えてる分、やれるだけのことをします。グライが最速もしくは燕返し持ちがわかったら諦めましょう。

f:id:zurappu:20160910131038p:plainf:id:zurappu:20160910131051p:plainf:id:zurappu:20160910131108p:plain+(f:id:zurappu:20160910131145p:plainf:id:zurappu:20160910130913p:plain)

のようなPT

f:id:zurappu:20160910130836p:plainorf:id:zurappu:20160910114337p:plain+f:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910113924p:plain

マンダPTの際には、マンダに麻痺をジバコの頑丈をなくす立ち回りをすることを心がけます。また、ガルドの場合は、毒守型の時の方が多いので、マンダの処理ルートをしっかりと残した状態でヘラクロスを対面させて身代わりから入るという流れでいきます。

f:id:zurappu:20160910131756p:plainf:id:zurappu:20160910131806p:plainが居てほぼ間違えなく選出されるとき、

f:id:zurappu:20160910113924p:plainf:id:zurappu:20160910115826p:plain+(f:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910114701p:plainf:id:zurappu:20160910121205p:plainf:id:zurappu:20160910122026p:plain)

こうするしかないんです。ポリ2で基本的に見れるので選出が限らてしまいますが、行動はしやすいので、ストレスは感じないかと思います。挑発や眠るといった技を持ち合わせてることが多いので、恩返しでどんどん削っていきましょう。

f:id:zurappu:20160910113910p:plainf:id:zurappu:20160911185403p:plainf:id:zurappu:20160911185417p:plainの場合

f:id:zurappu:20160910113924p:plainf:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910122026p:plain

初手対面でヘラクロスミラーになることが多く、最速同士はどうしても同速ゲームになってしまいますが、引かずに殴り合います。素のメガ進化では、HP満タンのクレセリアをミサイルばり1回で持っていくことはできませんが、ロクブラ分のダメージが入ればクレセリアも倒せます。ヒードランは最速(S77族)の場合、最速メガヘラクロス(S75族)は抜かれてしまうため、エルフーンをクッションにします。何故エルフーンを出すのかというと身代わり展開の阻止のためです。ヘラクロスが相手に速さで勝てば大体の試合は勝てます。

こんな感じなことが多いです。あくまで経験上かつ記憶頼り、そして絶対この選出という訳ではないですのでご注意を!

f:id:zurappu:20160910130836p:plainに関してなんですが、頑丈がむしゃらでたとえ選出上腐っても腐りづらいんで、選出パターンでは組み込まれませんしたが選出回数はぼちぼちありました。

<あとがたり>

ORASレートが最終シーズンということで、最近ポケカばっかりだった私もそれなりやってみましたが、残念ながら2000は難しそうです・・・

割と長い間f:id:zurappu:20160910113924p:plainf:id:zurappu:20160910114337p:plainf:id:zurappu:20160910114701p:plain軸を使ってきて、とあるキツネの社オフでお一人5体被りということ以外では、被ることはなかったので準オンリーワンPTなのではないでしょうか?

エンジョイしたい勢ですが、負けるの嫌でガチ勢みたい感じでしたが、ガルーラを使うことに変なプライドが邪魔して、その他ゲンガーとかもほぼ使わずにORASレートを過ごしましたが、自分的にはそれなりのPTが組めた気がします。

ORASシーズンのレートで対戦した皆さんお疲れ様でした!残り日数はわずかにありますが、バイトの都合で潜ることが難しそうなので、強くもない私のレート生活はこれにて閉幕!!さようなら!

 

デッキの環境

どうも、ずらっぷです。何かの記事でデッキのことを簡単でもいいからまとめて欲しいとのことがありました。なので、自分なりにやってみようと思います。

f:id:zurappu:20160712075505g:plain f:id:zurappu:20160904181222g:plain f:id:zurappu:20160712075515g:plain f:id:zurappu:20160318070828g:plain

レック(無色Mレックウザ)

ベンチに沢山のポケモンを展開し、MレックウザEXのエメラルドブレイクで相手をワンパンしていくのが特徴。また、古代能力Δ進化を持ち初ターンから進化できるのも強み。動きとしては、シェイミEXをだいたい4枚入れて初ターンがデッキをガンガン回していく。MレックウザEXになるためのレックウザEXを無色タイプかドラゴンタイプ、どちらにするかで入るポケモンが変わるらしい・・・また、白龍がパイロンと読むらしく、最近はパイロンデッキと呼ぶ人もちらほら(個人的には白レック派←こっちのほうがかっこいい)

シェイミ4枚の費用あるためかなりお高め!

f:id:zurappu:20160309123201g:plain f:id:zurappu:20160309123147g:plain f:id:zurappu:20160309123231g:plain

ゲッコウガ

WCS2016決勝にも上がる実力を持ったデッキ。2種類のゲッコウガを使う点、特性を用いダメカンを乗せていく動きが特徴。スプラッシュエネルギーにより、ゲッコウガラインをトラッシュに送ることなく、場に常にゲッコウガを展開できたら脅威になること間違いなし!ゲッコウガにも何種類か型はあるらしいが、最近の流行りはアロー搭載型なのか・・・?

ゲッコウガBREAKの値段が多少かかるが、比較的安価なのでは?

f:id:zurappu:20160314121228g:plain f:id:zurappu:20160309122902g:plain 

WTB(Water Tool Box)

世界環境に目を向けたときに入ってくるデッキ。ガマゲロゲEXのブルブルパンチで妨害、マナフィEXの特性アクアチューブで逃げるコストを0にし、自分の場を自由に動かしうねりの大海で回復していくのが特徴。また、ピーピーマックスによるエネルギー加速、闘魂の廻しの耐久力上昇も重要になる。その他のポケモンには、フリーザー、グレイシアEX、レジアイスなんかが入る?あまり詳しくはわからないです。すいません!

展開役にシェイミEXが入ってくるが、それ以外の主要なポケモンの価格は低い。

f:id:zurappu:20160311112729g:plain f:id:zurappu:20160311112740g:plain 

ライボ軸(ライボルト+色々)

多く見かけるデッキではないが、一定数存在するデッキ。MライボルトEXの技:ターボボルトによるエネルギー加速で相手のデッキに強く出れるポケモンを育てていく特徴がある。主に、サンダースやグレイシア、レジアイス等で相手を不自由にしていく。また、白レック(雷弱点)が強いと言われている現環境では、活躍が見込めるのでは?

エネルギーをトラッシュに送るバトコンや展開役のシェイミEXの存在で決して安価では組めない。

f:id:zurappu:20160702071927g:plain f:id:zurappu:20160702071852g:plain

ボルケニオン(ボルケニオンボルケニオン+@)

最近、急上昇中のデッキ。ボルケニオンEXの特性:スチームアップで火力をあげて、相手を倒していくデッキ。また、スチームアップでトラッシュに送ったエネルギーを鍛冶屋で回収できるシナジーをもちわせているのが最大の特徴。ボルケニオンEXとボルケニンがメインのポケモンになるが、他に何を組み合わせるかでセンスを見られるらしい・・・候補としては、エンテイ(θダブル)、ブースターEX、リザードンEX、カエンジシと言ったところでしょうか。いずれにせよ強力!エネルギー管理に頭を使うデッキかと思います。

流行りですが、そこまで高くはないと思います。

f:id:zurappu:20160315203918g:plain f:id:zurappu:20160704025743g:plain f:id:zurappu:20160704025756g:plain

黒サナ(色違いサーナイト)

他のデッキに比べると、守備よりのデッキ。基本的に、Mサナのダメージを回復させながら、Mサナ同士で場を回していく点やリカバリーカードを多く入れるのが特徴。次元の谷型、スカイフィールド型や合わせるポケモンも変わってくるテクニカルなデッキなのではないかと思います。

シェイミEXを多様することが多く、決して安価では組めない。

f:id:zurappu:20160703172945g:plain f:id:zurappu:20160317110945g:plain

ギラダーク(ギラティナダークライ)

安定と信頼の強さ。ピーピーマックスとダブルドラゴンエネルギーによりダークライEXの技:悪の波動で倒していく。また、ギラティナEXには縛り効果もあるため、バランスも保てているのが特徴。イベルタルはサブに必ず入るとして、ダストダスを入れて特性もロックする形も存在している。WCS2016ジュニアの世界1にも輝いた。また、個人的なお話ではありますが、WCS2016に出場する子とお話する機会があった際に、「ギラダークばっかだよ!」と嘆いていました。

 ダークライEXが少し手に入れづらい+全体的汎用性の高いカードが多いためちょい高価

f:id:zurappu:20160315203616g:plain f:id:zurappu:20160704030114g:plain f:id:zurappu:20160317110945g:plain

ギラゼルネ(ギラティナゼルネアス)

ゼルネアスのジオコントロールダブルドラゴンエネルギーでギラティナにエネを貼り、カオスウィールでロックしつつ負荷をかけていきます。上記ギラダークとイメージは近いのですが、相手が使用するギラティナに弱点をつけるゼルネアスとあわせているためギラダークの相手もできるのが特徴です。ゼルネアスはBREAK進化をすることで、バトルポケモンとしても輝けるようになったため、このデッキが頭角を現してきました。

比較的に入手手段の多いカードが入るため、価格を除けば組みやすさそこそこかと

f:id:zurappu:20160314104300g:plain f:id:zurappu:20160314104311g:plain f:id:zurappu:20160313211250j:plain

ゲングラナンス(ゲンシグラードンソーナンス)

ソーナンスで特性を消し、ベンチでグラードンを育てていくデッキ。ゲンシグラードンは4エネを必要としますが、スタジアムが出ていれば200ダメージを与えられる強力なポケモンです。ベンチで育てている間に、相手の使用するトレーナーズでバトル場に引きずりだされる心配がありますが、ゲンシグラードンは古代能力Ωバリアによって相手のトレーナーズの効果を受けないためその心配はありません。EX環境になっている今また輝いているポケモンなのでは?

シェイミは必要としないため、価格は控えめだと思います。

f:id:zurappu:20160325125654g:plain f:id:zurappu:20160307164304j:plain f:id:zurappu:20160307164311j:plain f:id:zurappu:20160307164319j:plain

ガラフ(ジガルデラフレシア)

巨大植物の森を場に出し、ラフレシアを一気に場に展開しグッズロックに展開阻止。そして、ジガルデEXの高い耐久力を生かし攻撃をしていく。自分の番では「AZ」でラフレシアを回収し、グッズロックを解き場を展開し、技を打つ前に再度ラフレシアにすることで自分はグッズを使える状況を作り出していく特徴を持つ。ジガルデが闘タイプであるためストロングエネルギーに火力上昇も可能。構築済みデッキから派生させやすい点も魅力の一つ

効率良く集めれば価格も比較的に安価になるのでは。

f:id:zurappu:20160325125728j:plain f:id:zurappu:20160325125739g:plain f:id:zurappu:20160904190408j:plain f:id:zurappu:20160904190424j:plain

メレチャー(メレシーチャーレム)

とにかく殴り合う。メレシーBREAKでエネルギーをつけたチャーレムがΩ連打により2回攻撃を駆使して相手の倒していく特徴を持つ。気合のタスキによる行動の保証ができる点や闘タイプならではの動き等ができるため、色んな意味で良いデッキだと思う。レジロックEX等を組み合わせることで更なる火力upも望める、the闘タイプ!

今回の記事の中ではトップクラスで安価だと思う。

f:id:zurappu:20160703174426g:plain f:id:zurappu:20160315165550j:plain f:id:zurappu:20160315165558j:plain

メタルチェーン(ドータクン軸)

ゲノセクトEX自身の特性:カセットチェンジ、鋼デッキには欠かせないドータクンの特性:メタルチェーンを利用して、ゲノセクトについてる道具やエネルギーを上手く回していくのが特徴。また、ゲノセクトEXの技で自身のエネルギーをトラッシュするため、メタルチェーンとのシナジーも抜群。道具は主に廻しと軽石を採用し、ギルガルドEX等を加えてデッキが組まれることが多い。

人気だが、メタルチェーンの構築済みデッキから派生させるとお得かもしれない。

f:id:zurappu:20160313211301j:plain f:id:zurappu:20160313211325g:plain f:id:zurappu:20160313211356g:plain

オーロット

特性:もりののろいによるグッズロックが最大の特徴。これにより、相手の進行を妨げ、その間に自分は相手のポケモン全体にダメカンをばらまくのが主な形。少し前に比べて数が減ったと思います。理由としては、「カリン(お互いのトラッシュにあるポケモンを全て山札に戻す)」の登場により最大の敵であった、「よるの行進デッキ」の減少、そしてEXやM進化環境になりつつある中で決定力がなく力で押されてしまう可能性の上昇が個人的に考えられるものです。型はいくつか存在するが、どれも少し活躍しづらい環境なのでは・・・

比較的に安価で組めるが、オススメはしない。

f:id:zurappu:20160505112439j:plain f:id:zurappu:20160505112431j:plain f:id:zurappu:20160904182311j:plain

よるこう(夜の行進)

夜の行進という技をもつポケモンがトラッシュにあるだけ火力が上がるデッキ。バチュルバケッチャランプラーの3種類しかいないため、ランプラーを序盤からデッキを回してトラッシュに送る必要がある。初手から以下にデッキを圧縮できるかが鍵となるのが特徴。しかし「カリン」の登場により、トラッシュに送っても戻されてしまう可能性が出てきたため、現在では少し息を潜める形になっていると思われる。

バトルするポケモンは安いが、デッキ構築費用だけ考えるとかなり高価に。

f:id:zurappu:20160307164215j:plain f:id:zurappu:20160307164223j:plain+f:id:zurappu:20160702062710j:plain

ビークイン

トラッシュにあるポケモンの数だけ火力が上がる技:ビーリベンジを活かすデッキ。アンノーン等を良く使用し、トラッシュのポケモンを増やしていく特徴をもつ。WCS2016シニアではビークインメガヤンマデッキが優勝し注目も浴びているデッキの一つ。しかし、「夜の行進デッキ」同様「カリン」がネックになってくるが、ビークインはあくまでギミックの一つとし、組合わせ方によっては、現環境でも生き残れる可能性は秘めていると思う。

メガヤンマの価格の上昇により少し前より構築しにくい価格になってきている。

f:id:zurappu:20160904182538g:plain f:id:zurappu:20160904182555g:plain

タブンネ

WCS2016マスターで優勝したデッキ。デッキの特徴というよりは、WCS環境を読みきったプレイヤーの凄さでしょう(笑)MタブンネEXの技により、サポート使用していればベンチにも50ダメージを与えることができ、更に鋼エネルギーとマギアナEXを採用することで、オーロットのダメカンバラ撒きにも対応させていた。優勝したことに流行ると思い紹介しましたが、あまり詳しいことはわかりません。すいません!!

流行の物は価格が高騰します。本当に価格があがっています。

ポケカの新要素と新シリーズ「GX」が発表され、レギュレーションのこと等を気にしてる方もいらっしゃるみたいですが、現環境を把握しないで先のことなんて見据えても仕方ないと思います。こんなこと言ってる私ですが、この記事で現環境を全て網羅できてるなんて微塵も思ってないです!あくまで、このようなデッキがいるのでは?という予想も含めてですのでご了承ください!

と、まぁこんな感じですかね。あくまで、私一人の思いつきのため、このデッキないじゃん!とか不服や不満がある方もいらっしゃると思います。その際は、直接私に言いに来てください。

あと、要望を頂いてからかなりの時間が経ってしまってすいません。そして、ここまで読んでくださった方ありがとうございました!

次の記事でお会いしましょう!次はもしかしたら、デッキ紹介とかになるかも知れません!それでは~

P.S.私、本日誕生日でした~