読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンカードスリーブについて

どうも、ずらっぷです。今回は珍しくスリーブについてです。質問及び要望の内容は、どのようなスリーブを使っているのか(商品名等の詳細)。また、どのようにカードを入れているのか。よって、今回は私が使用しているスリーブについて書きます。

<使用しているスリーブについて>

f:id:zurappu:20160515221339j:plain

ポケモンカードにぴったりのサイズのスリーブです(インナースリーブ)。基本的に、当たったレアカード等を入れるために使用しています。また、3重スリーブ(下記詳細)の1枚目のスリーブとして使用しています。大体100枚入りで値段は200円前後かと思います。

f:id:zurappu:20160515221457j:plain f:id:zurappu:20160515221518j:plain f:id:zurappu:20160515221609j:plain

②キャラクタースリーブまたは画像のような無地のスリーブです。ここが重要ですね(笑)ただ、種類が無数に存在しているため、私がお気に入りの何種類かの画像を載せておきます。また、2重スリーブや3重スリーブどちらにも使用します。

f:id:zurappu:20160515221723j:plainⅠ, f:id:zurappu:20160515221800j:plain

③スリーブガードです。これはキャラクタースリーブの傷を守るためのスリーブです。これは、キャラクタースリーブを使用する際に使うため一番外側に来ます。そして、これは商品ごとに大きさが微妙に違いますので、商品ごとに一言レビューで紹介します。

Ⅰ,ブロッコリーが出してるスリーブガード(68.5mm×93mm)です。ポケモンカードの場合はサイズMです!マット、マット&クリア、クリアの3種類がありカードを入れた感じは、参考画像の通りです。オススメはマット&クリアです!また、ブロッコリーのスリーブガードは他の商品に比べて少し高いのですが、1枚1枚がしっかりしている点と大きさがキャラクタースリーブによりフィットするため、私は愛用しています。

参考画像)左マット、右クリア(実物の方が差がわかります)

f:id:zurappu:20160515221921j:plain f:id:zurappu:20160515221941j:plain

Ⅱ,KMCのスリーブガード(69mm×94mm)です。画像は別ですが共通点は同じです。その最大の特徴は、金縁や銀縁といったデザインが施されている点です。これを使用すると、お気に入りのキャラクタースリーブがワンランク上に見えるため、使用していてにやけてきます。値段も比較的に安いので、お気に入りのキャラクタースリーブに使っています。

私は基本的にこの2社のスリーブガードを使用しています。大きさの差は横0.5mm×縦1mmでブロッコリーの方が小さいです。この差を気にするかは個人の感じ方によると思いますが、どちらもキャラクタースリーブをしっかり守ってくれます。こんな感じでね!!

(右は金縁のスリーブガードを使用しています)

f:id:zurappu:20160515224250j:plain

<スリーブを付け方>

ここでは、2重スリーブと3重スリーブのやり方を簡単に書いておきます。

*矢印はスリーブを入れる向きを示しています。

・2重スリーブA(インナースリーブ+無地のスリーブ)

f:id:zurappu:20160515222714j:plain → f:id:zurappu:20160515222747j:plain

・2重スリーブB(キャラクタースリーブ+スリーブガード)

f:id:zurappu:20160515222844j:plain → f:id:zurappu:20160515222933j:plain

・3重スリーブ(インナースリーブ+キャラクタースリーブ+スリーブガード)

f:id:zurappu:20160515223017j:plain → f:id:zurappu:20160515223047j:plain → f:id:zurappu:20160515223115j:plain

このようにつけることによって、カードがより安全に守られます。ただ、スリーブを付けた時点では空気が入り込むため、圧縮をしてあげましょう。当然のことですが、3重スリーブの方がカードがより頑丈に守られますが、ポケカの60枚デッキの場合厚みがそこそこになるためシャッフルの際には注意が必要です。カードをばらまかないように気をつけてください!!

というわけで、今回はスリーブについてでした。わからないことがあったらこちらの記事のコメントをください。答えて行きます!

では、次回の記事でお会いしましょう。