読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20th Anniversary Festa 愛知に行ってきた。

どうも、ずらっぷです。20thAnniversaryFestaの愛知に行ってきたので、そちらの色んな報告を記事です。イベント会場までが東京に住んでいるので遠かったです(笑)深夜の2:00までアルバイトしてからの地元の始発に乗り、そこから新幹線で現地入り!会場に着くのは9:00くらいの予定だったため、最初の卓(初卓)をゲットできないことがわかっていたため、対戦は嗜みつつイベント全体を楽しむ感じで参加してきました!!

~私の当日~

まず、到着して限定スリーブがほしいがために、物販に並んでみましたがさすがにゲットできませんでした・・・残り15人ほどのところで売り切れ(笑)1時間ほど並んだんですが残念ながら届きませんでした!購入できた方おめでとうございます!!羨ましい!!

次に、私は3つの対戦イベントに参加してきました。

・20thAnniversary

・・・今回のイベント一番大きな大会

・平成vs昭和

・・・平成生まれと昭和生まれの対決、全体での勝ち星を終了時間までに競う

・3on3

・・・3人1組のチーム戦、チームで2人勝つことが重要

の3つです。

そして、私が使用したデッキがこちら~

f:id:zurappu:20161025131444j:plain

その名も「ほぼMピジョット」です。ということで、ここから少しばかり採用理由なんかを・・・

ポケモン

軸であるピジョットは最大限に入れるとして残りの採用理由は、

シェイミEX(2)・・・2枚か3枚かの選択。ピジョットスタートが望ましいため今回は2枚に

ブラッキーEX・・・入れてみたかった枠。Mピジョットの技+アブソル特性+エンドゲームで230まではきぜつなのでロマンを求めてみた。

アブソル・・・シェイミEXをピジョットEXできぜつに持っていくには必要な30になるので、終盤に引いてきたいカード。

サポート

特に強く採用理由を書くカードはないのですが、

Nを1枚減らして、オカルトマニアを1枚増やした方が良かったかなと、ギラティナ戦でオカルトマニアがサイドに落ちて辛いすぎたので・・・

ポケセンのお姉さんは、序盤のダメージを総裁する役割よりかは、確定数をずらす役割に期待しての投入。

グッズ

バトルサーチャー(4)・・・オカルトマニアやクセロシキがピン採用の割に役割が大きいため最大限の4枚

ハイパーボール(4)・・・序盤はシェイミEX、終盤はアブソルやつりざおで回収したポケモンを持ってくるため最大限の4枚

まんたんのくすり(3)・・・ピジョットラインは1発で相手をきぜつさせる技を持っていないため、耐久型のデッキ。そして、1エネのオウムがえしとの相性もいいため

メガホン・・・クセロシキを入れているのでピンでの採用。

メガターボ(2)・・・まんたんでトラッシュされたエネルギーの回収要因。

炸裂バルーン(2)・・・M進化や技の関係上最速2ターン目からの行動が基本になるかつ、どのポケモンにもつけられる点。そして、バルーンからM進化マッハサイクロンが190になるため、相手の迷いにつながってくれればという思い。

あなぬけのひも(2)・・・個人的に、ポケモンの入れ替え手段がAZとピン差しグッズだと不安のため2枚採用。ピン差しで他の採用に枠をまわすかの選択。

すごいつりざお(2)・・・リカバリーはどうしても2枚ほしい個人的安心を保つ枠。ただ、まんたんやポケセンのおねえさんで耐久型のデッキとして動くこのデッキのコンセプト矛盾。が、当日Mピジョットをバサバサトラッシュに送ることが多く結果的に2枚で良かった枠

ピジョットソウルリンク(3)・・・ピジョットでもオウム返しのおかげで戦えるため、4枚にする理由を強く感じなかったため。

スタジアム

記憶の祠(3)・・・スタジアムもここ最近のポケカでは重要なファクターだが、Mピジョットの枚数と同数に。基本は、技を受けてまんたんから祠の効果でオウム返しを狙うためのワンポイント採用。

エネルギー

ダブル無色エネルギーは最大限の4枚。基本悪エネルギーは6枚。回収手段と基本的にどのポケモンにも1枚悪エネルギーをつけて、あとはニコタマで起動になるためこの枚数。

他に色んなカードと迷いましたが採用候補などは、今回はカットでお願いします。

ピジョットは無色であるため、他にも合わせられるタイプがあると思いますが、今回悪と合わせることになったのかは、ブラッキーを個人的にデッキに入れてみたかったのが最大の理由です。もともと、フェアリーと組ませていましたが、よりシンプルにピジョットでいこうとなりこの形に・・・

当日は、対戦してくれた方からは好評で、となり卓からもピジョットだと興味を持っていただいたのが非常に嬉しく満足していますが、好きなポケモンだからこそもっと勝ちたかったです。

20thはファースト2戦目でよるこうに防戦一方。クセロシキニコタマをトラッシュに送り続けたんですが、ダメでした。

平成vs昭和は、ドローサポはそこそこ入れてるつもりでしたが、5ターンくらい動けない間に、初速が遅いデッキに見事に時間を与えてしまい見事に散りました。平成の皆すいません(笑)

3on3に関しては、当たるデッキ悪くないですか?と嘆くほどマッチ運悪かったです。Mライボルトですよ!!ただ、お相手さんの交流の架け橋となってくれたピジョットは最高でしたね・・・

と結果は散々でした。このままでは追われないので、改良してMピジョットでなんとかいい成績を残します!

~当日の個人的に環境考察~

当日は決勝がどれもオーロットが勝ち上がり、4/5でオーロットが優勝していました。また、カリンの登場によりよるこうが一時が減りましたが、今はまたよるこう対策が少なくなってきているのか、よるこうが動き辛い環境ではない印象を持ちました。デッキの多さでいうと多分ボルケニオンだと思うので、そっちのメタに比重を置いたデッキが多かったのかな~と推測しています。

ボルケニオンという強大なポケモンに立ち向かうため、ゲッコウガがいて、殴り合える白レックの存在。その大きなものの影に紛れてよるこうが暴れまわっており、大きなものから小さなものを捉えるオーロット。そのオーロットを察知してのWTBといった流れになるんでしょうか?ギラダークはもともと環境にそこまで左右されずに一定数存在し続けたデッキですし、グッズロックにもそこそこ強いかつ、ギラダークにも戦えるギラゼルネもいたとは思います。

環境めまぐるしいですね。メタを貼る者、メタをかいくぐる者、己を貫く者といった感じで非常に面白いです!!今回はオーロットが結果的に目立ちましたが、次はまた変わってくると思うので、その環境の変化に立会いたいものですね。私も強くなり新たな環境を築いてみたいですね(笑)

~あとがたり~

他にも、トレードステーションやメインステージでのliveイベント、各大会イベントの決勝観戦など、盛りだくさんのイベント朝から晩まで楽しみました!

最後になりますが、当日挨拶できた方々本当にありがとうございました!そして、挨拶できなかった方々がいたのが心残りですが、ポケカを続けていればいつかは挨拶できるので、これからも精進していきます!

今回写真撮るのすっかり忘れていたので、数少なすぎる写真を貼ってこの記事の終了とさせていただきます。最後まで読んでくれた方ありがとうございました!

次回は、11/5のニコニコBREAKフェスタのフリー対戦ルームでお会いしましょう!!

f:id:zurappu:20161025131549j:plain f:id:zurappu:20161025131614j:plain