読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンカード~草タイプ編~

どうも、ずらっぷです。前回までは共通編としてトレーナーズのカードを紹介しましたが、今回からは各タイプごとでカードを紹介します。

まず、タイプ編の記事を書いていく上で、ポケカには何タイプがあるのかを書いておきます。ポケカには・・・

草・炎・水・雷・超・闘・悪・鋼・フェアリー・ドラゴン・無色

の計11タイプがあり、それぞれに相性があります。また、紹介するのも上記の順番で行いますのでトップバッターは草タイプです!!

*各タイプ編最初の記事のため、書き方も模索しています。見づらい場合がありますのでご了承ください。それでは本編へどうぞ!

f:id:zurappu:20160307164120g:plain f:id:zurappu:20160307164132g:plain

ジュカインEX・MジュカインEX

草タイプデッキといえばこのカードを使ったデッキだと思ってます。全体的にエネが軽いのが特徴であり強みです。ジュカインEXは技1と技2でのシナジーがあり、MジュカインEXは火力は高くないにしろエネ加速かつ回復を行える便利カードです。また、Mジュカインが古代能力θストップを持ち相手の特性の効果を受けないこともメリットになります。デッキを組むとしたら軸になるカードなのでそれぞれ3枚ずつ以上は持っておくのがベストだと思います!ただ、人気カードなので全部単品で揃えると少しだけ値段がかかるかもしれませんが、組んでは損はなく強いです!

(収録:拡張パック「バンデットリング」etc...)

f:id:zurappu:20160307164149j:plain f:id:zurappu:20160307164156j:plain

イトマルアリアドス

紹介したいのはアリアドスです。イトマルは進化のために必要なので名前だけ登場です。アリアドスの特性:どくのすによりアリアドスが自分の場にいればお互いのバトルポケモン(草タイプを除く)を毒にすることができます。これにより、ダメージレースを有利進めることが可能になったりとかゆいところに手が届くカードです。また、レベルボールで持ってくることができるのもいいことです。草タイプメインのデッキでは補助役として入ることが多いです。上記ジュカインラインとの組合わせが一般的かと思います。

(収録:拡張パック「バンデットリング」)

f:id:zurappu:20160307164254j:plain

巨大植物の森

こちらはスタジアムカードです。草タイプのポケモンを簡単に進化させてしまうことができる恐ろしいカードです!ポケカの進化は、1ターン目または出したばかりのポケモンを進化させることはできませんが、このカードがスタジアムカードとして場に出ていれば、1ターン目や出したばかりのポケモンを進化させることができるということです。そして、2進化ポケモンに関しては、出したばかりのたねポケモンを1進化ポケモンに進化させるだけでなく、今1進化ポケモンになったポケモンをすぐに2進化ポケモンにすることも可能です。また、BREAK進化やM進化も初ターンから行うことも可能ですので、草タイプのデッキには必ず入ってくるカードです!(M進化もすぐに行えますが、ソウルリンクがない場合はそこで自分の番自体は終了します。)

(収録:拡張パック「バンデットリング」etc...)

f:id:zurappu:20160702063419j:plain

活力剤

草タイプ限定のリカバリーカードです。トラッシュにある草ポケモンを2匹選んで手札に戻せる便利なカードです。これで、やむを得ずトラッシュに送られてしまったポケモンやきぜつしたポケモンを簡単に場に展開することが可能になります。進化ポケモンを使う際には、巨大植物の森の効果もあるので、デッキに組み込まれることが多い印象を持ちます。拡張パックでは入手ができないのが少し残念な気もしますが、単品でも決して高いカードではないので、持っていてもいいかと思います。

(収録:バトル強化セット 草/闘)

f:id:zurappu:20160307164215j:plain f:id:zurappu:20160321163600j:plain

ミツハニービークイン

まず、ビークインには2種類ありますが、紹介したいのは古代能力を持たないビークインです。こちらは、技2:ビートリベンジが強い!トラッシュにあるポケモンの数×10ダメージを追加できるので、ポケモンを多く採用するコンセプトのデッキやバトルコンプレッサーを使用しデッキを圧縮したりすると簡単に火力が十分に確保できます。技も無色エネ2個のため簡単に出せるのも強いです。また、自分が後攻になると上記の巨大植物の森で初ターンからビークインになり、火力も出せる状況を生み出すことができれば試合がすぐに終わる可能性すら秘めてる強力なポケモンです。ちゃっかり技1も便利なのもずるい・・・

(収録:拡張パック「バンデットリング」)

f:id:zurappu:20160307164304j:plain f:id:zurappu:20160307164311j:plain f:id:zurappu:20160307164319j:plain

ナゾノクサクサイハナラフレシア

注目はラフレシアの特性:イライラかふん。自分の場にいるだけでお互いのプレイヤーは手札からグッズを出して使うことができません。これされるとわかるんですが本当に技の名に恥じないくらいイライラします。バトル場に出して戦わせるポケモンではないため、メインのポケモンが特にスタジアムを選ばないのであれば、巨大植物の森とラフレシアラインを入れてみるのも面白いと思います。ラフレシアをデッキに組み込む際には、自分がグッズを使えるようにするためにサポートの「AZ」を多めに組み込んで手札に回収できるようにすると、自分の番で「AZ」でラフレシアを回収してから、グッズを使い技を使う前にもう一度、森の効果を活かして一気にラフレシアを場に展開すれば相手はグッズを使えない状況に追いやることもできるかも・・・

(収録:拡張パック「バンデットリング」)

f:id:zurappu:20160702062555j:plain f:id:zurappu:20160702062615j:plain f:id:zurappu:20160702062629j:plain

ツタージャジャノビージャローダ

2進化ポケモンですが、森のおかげで問題なし!ジャローダは非常に良いカードだと思います。2つの技は共に1のエネルギーで使うことができ、ダメージも技1:とぐろをまくを使うことができれば、次の番にジャローダのダメージは+60されるため強力です。そして、1進化の時のジャノビーも特性:へびしばりを持っており、進化した時にコインで表をださなければいけませんが、表なら相手のバトルポケモンをマヒ状態にできるため、ジャローダのとぐろをまくを安全に使うことができる相性バッチリなものです。退化スプレー、AZ、スーパーポケモン回収等のトレーナーズを使い、ジャノビーの特性を何回も使えるような組み方が一般的だと思います。そして、私が個人的にジャローダが好きなので、デッキを組んでます(笑)

(収録:拡張パック「めざめる超王」)

f:id:zurappu:20160702062651j:plain f:id:zurappu:20160702062710j:plain f:id:zurappu:20160702062723g:plain

ヤンヤンマメガヤンマメガヤンマBREAK

メガヤンマが面白い!特性:ソニックビジョンが相手の手札が4枚のときは、技を使うのに必要なエネルギーが全てなくなるという、驚きの特性をしています。手札を4枚にするカードがないと厳しい効果になっていますが、サポートの「ジャッジマン」、グッズの「レッドカード」で手札を4枚にすることができます。そのため、上手くデッキを回すことができれば恐ろしいカードです。また逃げるエネルギーも0と便利ですね。BREAK進化しても、特性やBREAK前のメガヤンマが持っている技は継続して使えるのでメガヤンマBREAKも使えます。ただ、トリッキーなポケモンではあるためデッキの構築力が試される面白いカードだと思います。

(収録:拡張パック「冷酷の反逆者」)

f:id:zurappu:20160702062749j:plain f:id:zurappu:20160702062804j:plain f:id:zurappu:20160702062846g:plain

メラルバウルガモス

このカードは過去に発売された拡張パックにも収録されていたのですが、草タイプがメインとなって登場して注目カードとしてあげさせていただきます。その理由はズバリ!メラルバが草タイプで登場したことによって、巨大植物の森でウルガモスが場に展開しやすくなったからです。また、ウルガモスが新要素であるデュアルタイプということで、炎タイプ編で登場するサポート「鍛冶屋」の対象でもあるためエネルギーも付けやすい点もあります。また、既存で登場しているウルガモスも草メラルバの登場によって使いやすくなりました。そのウルガモスは炎タイプですが、画像はこちらに一緒に載せておきますのであわせて見ておいてください。面白いカードになったため、気にはなっているのですが、これもまたメインで組もうとすると難しいカードかなと思います。

(収録:拡張パック「冷酷の反逆者」*炎ウルガモスは拡張パック「バンデットリング」)

以上が草タイプです。「巨大植物の森」(*「森」と略してしようしてる箇所もある)が本当に便利なカードです。これにより、草タイプの進化に革命が起きました。今後も草タイプで優秀なポケモンは出てくると思いますが、巨大植物の森だけは変わらず存在し続けると思います。また、基本的に拡張パックの「バンデットリング」で手に入るのもいいところですね!ただ、ジュカインEXは人気のあるカードですのでカードショップによっては売り切れてたりするかもしれませんが、草タイプのデッキは基本的にお財布にも優しいので、組んでみたい方はいいかもしれませんね!!

次回は炎タイプです。更に紹介したいカードが難しいような気がしますが頑張りますので、読んでくださると幸いです。ということで、最後まで読んでくださった方ありがとうございました、そして長文失礼しました。

次→http://zurappu.hatenablog.com/entry/2016/03/08/115352

前→http://zurappu.hatenablog.com/entry/2016/03/02/130748